2013年10月25日金曜日

『宇宙少年団ロケットくん』上・下にて復刊!

ネオ・ユートピア編集部です。

下記をお知らせします。

---


宇宙少年団ロケットくん 上 (復刻名作漫画シリーズ)
藤子 不二雄A (著)¥ 1,890 
324ページ、小学館
発売日: 2013/10/23


宇宙少年団ロケットくん 下 (復刻名作漫画シリーズ) 
藤子 不二雄A (著)¥ 1,890 
224ページ、小学館
発売日: 2013/10/23

まんが道にも登場した幻の作品を初単行本化

『宇宙少年団 ロケットくん』は『まんが道』の中でも最も有名なエピソードに登場するマンガです。
上京し売れっ子マンガ家になったものの、忙しさのあまりに原稿を落とした藤子不二雄が、講談社の「ぼくら」での再起を飾った記念すべき連載です。藤子不二雄Aにとっても非常に思い入れの強い作品ですが、原稿の大半が失われたために単行本化に至りませんでした。
今回は最新のデジタル復刻技術を駆使して、「ぼくら」本誌と別冊付録から掲載時の姿をモノクロにて再現します。

あらすじ:
舞台は21世紀、人類は宇宙に飛び出し、月や火星も地球の植民地になっています。
日本には宇宙少年団が誕生し、少年たちに正しい勇気と科学知識の教育を行っていました。
団員のひとり桜鉄太郎は「ロケットくん」のあだ名を持つ、明るく活発な少年。
卑怯者の赤星や、西郷首相暗殺を企てる暗黒団などと戦いながら、火星を目指しますが……。
SFの中に佐藤紅緑の熱血少年小説を思わせる波乱万丈のストーリーを織り込んだ長編傑作少年マンガです。

下巻には「ぼくら」本誌に連載された本編の他に増刊号に掲載された「ゴルゴンの巻」と「宇宙線爆弾事件の巻」を収録しています。

【外部リンク】