2013年5月26日日曜日

【関連】まんが道関連エッセイ@万城目学エッセイ本

ネオ・ユートピア編集部です。

映画にもなった小説『鴨川ホルモー』『プリンセス・トヨトミ』の原作者万城目学氏のエッセイ「ザ・万字固め」でまんが道の読書体験を書いた「『まんが道』から延びた道」というエッセイが掲載されています。



藤子両先生の原稿を落とした件を「大崩壊」と名付けるほどトラウマになっていてご自身も仕事量をセーブして落とさないようにしているという内容です。
また同エッセイでは、万城目さんが目撃したという、「ブラックジャック 創作秘話」で取り上げられた手塚先生のスーパーマン振りが語られています。小学生のホワイトボードに書いた名前のひらがなの線を使って鹿や鳥の絵を即興で描いていくというものです。