2009年1月31日土曜日

藤子ニュース


ネオ・ユートピアです。

下記をお知らせします。

---
声優の伝えるヒロシマ—ひとり芝居とお話—

日時:平成21(2009)年2月7日(土)・8日(日)両日とも13:30〜15:00
場所:平和記念資料館 東館地下1階 メモリアルホール
広島平和記念資料館では、アニメ作品を中心に声優として活躍している堀絢子(ほりじゅんこ)さんを講師にむかえて、被爆した少女の死を通じて原爆の悲惨さを訴える、ひとり芝居とお話の公演を行います。
堀絢子さんのお父様は、終戦2ヶ月前に軍医として来広し、被爆。全身に重傷を負い、亡くなりました。
「朝ちゃん」は、「広島の母たち」(山本真理子著)を基に、堀絢子さんが自身で脚本化し、父の供養と反核の願いを込めてライフワークとして演じています。

(入場無料) 定員 312人(当日、直接会場へ。先着順)

問い合わせ先 平和記念資料館 啓発担当まで

電話 082-242-7828 ファクス 082-247-2464

忍者ハットリくんの声優・堀絢子(ほりじゅんこ)さんが、反戦・反核を願う一人芝居を20年もコツコツと続けています。
堀さんが文字通り身を削って演じている原爆で死んだ少女の物語を、是非、ご覧ください。
僕もハットリくんも応援しているョ。

(藤子不二雄 A 先生)

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/images/koza2.html